DVのない社会は子育てを変えることから 

2010年度アウェアデートDV防止プログラム・ファシリテーターのためのフォローアップ講座
DVのない社会は子育てを変えることから


日時:2010年9月20日(月・祝) 午後10:00~16:00(昼休み1時間)
会場:全水道会館 大会議室
参加費:5,000円

アメリカ(ロサンゼルス)の専門家ルース・ビーグルホールさんを講師としてお招きしました。
自身がDVにさらされた子どもであり、児童虐待の被害者であるルースさんは、アメリカが社会全体でDVや児童虐待をなくすための努力を長年続けているにもかかわらずなくならない理由を考え続けました。その結果ひとつの結論に達したと言います。

それは「子育て」に問題があるということです。多くの親が子育てに怒りやおどし、ときには暴力(お仕置き)を使い、それをしつけや教育と勘違いしています。
そこで ルースさんはCNVEP(Center for Nonviolent Education and Parenting=非暴力教育・子育てセンター)を設立し、子どもの人権を尊重する教育と子育ての実践方法を全米に広める活動を続けています。

DVのない社会、児童虐待のない社会を目指して、子どもを尊重する子育ての実践の仕方を学びました。

全水道会館
東京都文京区本郷1-4-1
JR総武線 水道橋駅東口(お茶の水駅寄り)より徒歩2分
都営三田線水道橋駅 A1出口徒歩1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA