ある日の振り返り(2)

今日は、たばこを辞めないある人にフォーカスした話し合いになりました。

彼:タバコは嗜好品だから、それを強制的に辞めさせようとする彼女にも問題が

あるのではないでしょうか?

他の男性:どうして今まで何度も辞めようとして辞められなかったのですか?

他の男性:パートナーは子どもや健康のためにやめてほしいと言っているのに辞

めないのは、パートナーを尊重していない表れだと思いますよ。

彼:正直言って、そのくらいのことではパートナーはどうせ出ていかないだろう

と思っています。

他の男性:「覚悟が感じられないなあ。あなた、いったい何のためのアウェアに

来ているんですか?」

他の男性:煙草をやめる気がないのに、その場を取り繕うために「やめます」と

言っているのなら、それは「嘘つき」ですよ。タバコはやめることができることなんだから、

そういうことから始めないと、ほかのことでも信頼されなくなってしまうと思います。

他の男性:禁煙治療を受けるか、家では吸わないことにして、職場では許可して

もらうとか、まずできそうなことを決めて実行したらどうですか?

など、厳しい意見が出て、次回までに何をするか決めてくることが彼の宿題とな

りました。

 

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち