サポートの仕方

~DVをされている人へのサポート例~

【1】その人の話を、時間をかけてじっくり聞きましょう。
【2】 その人の考え、気持ち、体験、立場を理解するよう努めましょう。
   責めたり、批評したりしないようにしましょう。
【3】その人が言うことを信じてあげましょう。
   そして「あなたを信じている」と言ってあげましょう。
【4】「あなたの責任ではない」と何度も言ってあげましょう。
【5】あなたが解決してあげようと思わないでください。
   考えやアドバイスを押し付けないことです。
【6】その人が自分で決められるように支えてあげましょう。
   その人が自分で決めたことでない限りうまくいきません。
【7】その人がDV被害者支援の専門窓口につながるように支えてあげましょう。

~DVをしている人への接し方例~

【1】暴力をけっして肯定しないようにしましょう。
【2】チェックリストを使ってその人の言動について聞いてみましょう。
   具体的なDV行動について聞くこと自体が介入策になります。
【3】チェックリストにあるような行動はDV行動にあたると言いましょう。
   そしてDVは人権侵害であり犯罪だと伝えましょう。
【4】 暴力行為を人としての価値とは切り離して見てあげてください。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち