15年経ってやっと社会が追いついた!  東京地方裁判所で講演

アウェアDV加害者プログラムは始めてから16年目になります。
2018年7月、はじめて東京地方裁判所に呼ばれ、アウェア代表山口のり子がアウェアの加害者プログラムと加害者について講演しました。

対象は、裁判官、書記官、調査官など。
DVの研修はこれまでに何度かしたそうですが、被害者を通しての話だけだったとのこと。「加害者のことも知りたいという声が出てきたので、インターネットで探したところ、アウェアをやっと見つけました!」と言って研修担当者が講演
依頼にアウェアまで来てくれました。

講演が終わり質疑応答に入るとき、司会者が「では質問でも感想でも懺悔でも」と言って笑いを取りましたが、それだけ自分ごととして聞いてくれた証です。

裁判官が抱える悩みも聞いてきました。DV防止法には、暴力はからだへの暴力だけではないとしているのに、いざ保護命令となると発令の条件はからだへの暴力がおきていること。言葉によるものや、精神的暴力などは法律により認められない。

保護命令を出してあげたいケースでも、からだへの暴力がおきていないと却下しなければならず、心が痛むという声を聞きました。

保護命令の条件を変えるか、新たな立法が必要とのこと。
内閣府では、セクハラ罪を作る動きがあるようですが、DV罪も必要です。

1日も早く、被害者に寄り添った判決を裁判官が出せるようになることを期待しています。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

おまじないでDVを避ける ある日の振り返り(5)

Aさん:最近パートナーの体調が悪くキゲンが悪い。以前は彼女のイライラが自分に向いているようで、責められているように感じたが、今は責められている感じがなくなってきた。タイムアウトを有効に使えるようになってきた(クリーニング屋さんに行ってくるね、など)。

Bさん:➀先日車の車検があったが、いつもよりも2万円高いところに出してしまい、パートナーが明らかにイライラしている様子だった。以前はそういう表情を見て自分が責められているように感じてしまい、DVになっていたが「イライ
ラしたら負けだ、DVしてしまうぞ」「批判でなく事実だ」をおまじないとして唱えることができるようになった。おまじないを唱えることで余計な一言を言わずに済んだ。後で考えると小さいことだったと思える。パートナーはただいろい
ろ(グチのようなことも)言いたいだけて、ただそれを聞くだけでいいと思う。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

僕らは試されている ある日の振り返り(4)

振り返り人:再別居して3か月、最近は週に何度も一緒にご飯を食べたりしています。気が緩んできて、言葉が乱れてしまうんですが、その場では指摘されず、翌日にメールで言われることが多いです。言葉の乱れは態度の乱れに直結するの
で、何とかしたいと思っています。

仲間A:我々はちょっと食事に行けるようになったり、パートナーに優しい言葉をかけてもらえると、もうだいじょうぶだろうとすぐに油断して元に戻ってしまうから用心しなければならないと思います。

仲間B:それは変わったとは言わないと思う。彼女がただ優しくしてくれているだけで、許してくれたわけではない。試されていると思います。

ファシリテーターより:振り返り人は「とりあえず相手を優先」という呪文を唱えることになりました。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

自分だけが悪いのではない、謝罪というDV:ある日の振り返り(3)

ある男性は、アウェアに入る前に、過去のDVについて謝罪の手紙を書いたそう
です。アウェアではそういうことはしないように伝えます。なぜなら時間をかけて自分を変えない限り、その前に書く「謝罪の手紙」は「謝罪というDV」をすることになるからです。

やはりその手紙は、彼女への恨み節が強く出たものになってしまい、それ以降
会うことを拒否されているそうです。

ある日、その男性にパートナーからリクエストが来たので、それについてグループで話題にしました。
リクエストは、(1)今後DVしないためにどうするのか具体的に示すこと
(2)DVした自分だけが悪いのではないという気持ちが強いことについて振り
返ること、のふたつでした。

グループの仲間の男性たちからは次のような意見が出ました。

・相手から言われたことに過剰に反応してしまっていませんか?自分がそうだったから聞きたいのですが。
・「9割は自分が悪いけど、1割は相手にも非がある」と思っていると、パートナーは敏感にそれを感じてしまうと思いますよ。
・たとえ彼女に問題があったとしても、それは彼女の問題だと考えて、自分は自分のDVの問題に集中しないと、結局ふたりの関係は修復できないんじゃあないかと思います。
・自分もアウェアに来た当初は、相手にも非があると思っていました。
今は自分を振り返ることを積み重ねるしかないと思っています。
・謝罪の言葉などの自分の一言で、関係がガラッと変わることなんてないですよ。
・彼女の不安やあなたに対する恐怖心を第一に考えることが重要だと思います。

以上のことをまず自分でしっかり考えるのがよいということになり、彼の宿題となりました。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

ある日の振り返り(2)

今日は、たばこを辞めないある人にフォーカスした話し合いになりました。

彼:タバコは嗜好品だから、それを強制的に辞めさせようとする彼女にも問題が

あるのではないでしょうか?

他の男性:どうして今まで何度も辞めようとして辞められなかったのですか?

他の男性:パートナーは子どもや健康のためにやめてほしいと言っているのに辞

めないのは、パートナーを尊重していない表れだと思いますよ。

彼:正直言って、そのくらいのことではパートナーはどうせ出ていかないだろう

と思っています。

他の男性:「覚悟が感じられないなあ。あなた、いったい何のためのアウェアに

来ているんですか?」

他の男性:煙草をやめる気がないのに、その場を取り繕うために「やめます」と

言っているのなら、それは「嘘つき」ですよ。タバコはやめることができることなんだから、

そういうことから始めないと、ほかのことでも信頼されなくなってしまうと思います。

他の男性:禁煙治療を受けるか、家では吸わないことにして、職場では許可して

もらうとか、まずできそうなことを決めて実行したらどうですか?

など、厳しい意見が出て、次回までに何をするか決めてくることが彼の宿題とな

りました。

 

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

ある日の振り返り(1)

このごろ、グループでは、加害男性たちが「覚悟が足りない」とお互いに厳しく言いあうのが流行っています。

今週もある人が、しばらく来れなかった言い訳をして「アウェアに来なくても、気持ちの上では毎週土曜日はいつもアウェアとともに過ごしていました」と言ったら、みんなの失笑をかいました。

また、パートナーが別居を望んでいることに対して、「毎月生理のときには必ず別居や離婚のことを言うので、今回もやり過ごしました」とか、「僕がこんなに頑張っているのに、彼女が回復しないから関係性が変わらないと」言うので、他の男性たちからは「まったく覚悟が足りない」という厳しい言葉が彼に集中しました。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

暴力をふるう男性たちのための【DV加害者プログラム】

■特徴
●治療ではありません。
●カウンセリングでもありません。
●DV行動をやめ、暴力の責任と向かい合うためのグループで行う教育プログラムです。
●長い時間かけて行ないます。(毎週2時間、52回以上)      
●米国カリフォルニア州認定のプログラムを応用しています。
●被害者支援のひとつの方法として加害者プログラムを実施します。


■グループで実施
●プログラムはグループで実施します。そのほうが効果があるからです。
 参加者はお互いに話を聞き合い、コメント、アドバイスをし合います。
●3つのグループがあり、次のファシリテーター(プログラムの知識と
 技術をもって、目的に向かってプログラムを進行する役割の人)が
 実施しています。
 AとB:吉祥眞佐緒(アウェア事務局長)
 c:吉田由美(静岡市在住、被害者支援とデートDV防止教育を実施)

■対象
●DVの問題を抱えている男性で
 精神疾患がない方
 アルコールや薬物依存症ではない方      
 仕事をしていて一般的社会生活を営んでいる方
 DV行動をやめるためになんとかしたいと決意している方

 パートナーも個人面談(電話やビデオ会議も可)を受けてくださることが参加要件です。
●アメリカ合衆国など、現地でDVをして逮捕され、裁判所命令で加害者プログラム受講
 が科された方も受け入れています。アウェアにはこれまでにそういった方が数名参加し
 ました。その場合は、アメリカの裁判所や所轄の保護観察官に参加状況や進捗状況の報
 告、及び修了(カリフォルニア州は52回)した際には、英文の修了証明書をアウェア
 が発行します。これまでに参加した方すべてが裁判所で修了を認められました。
(証明書等には別途費用がかかります)

■プログラムで学ぶこと
○暴力とは何か
○刷り込まれた男らしさ、女らしさ
○自分の暴力的態度
○パワー(力)とコントロール(支配)
○DV行動の背景とまちがった信念
○暴力の種類
○タイムアウト
○暴力をふるってしまった相手の気持ちや傷つき
○子どもへの影響
○相手を尊重するパートナーシップ
○感情の種類
○感情の発見
○気持ちを表す方法
○I(アイ)メッセージ
○ストレスをもたらす考え
○ポジティブなセルフトーク
○怒りのコントロール
○ストレスマネイジメント
○コミュニケーションスキル など

参加者たちは自分の気持ちをグループで語り、ほかの人の話を聞き、体験や痛みを共有することで、お互いに心を開いて助け合います。その中で自分のDV行動やまちがった価値観に、相手の痛みなどさまざまなことに気づくこと(aware)を積み重ねます。そういう作業を通して初めて自分を変える可能性が生まれます。

■本の紹介へ

プログラムの詳細を知りたい方は、awareアウェア代表の山口のり子著「愛を言い訳にする人たち DV加害男性700人の告白」「DVあなた自身を抱きしめてーアメリカのDV被害者・加害者プログラム」(梨の木舎発行)をぜひご覧ください。

■参加者からのコメント
(Aさん、30代、卒業者)
awareには参加する2年前に連絡をとったことがありました。当時DVについての本を読み、通わなくてもDVを自分一人で治せると思っていました。一人でやってみて、一時期状況が好転したように見えた時期はあったのですが、結局治ることはなく以前より深刻な状況となってしまいました。それで、awareへの参加を再度考え始め、パートナーから「一人で直すのは無理」と言われたことと、DVを直さなければ離婚という危機感からawareへの参加を決意しました。
通い始めてしばらくの間は、暴力を無くすには行動さえ変えれば良い、更正プログラムはhow to的なものと考えていので、あまり変わりませんでした。行動を変えることだけではなく、怒りをもたらす考え方や価値観に気づき、考え方を変えていこうと努力し、実行し、成果が上り実感を得た時、本当に暴力を止められるのではと思いました。一人では決して気がづかなったし、考え方や価値観を変えるにはものすごい抵抗感がありましたが、実際に変わり始めた処、それまでの様に些細なことで怒ることが無くなり自分の生活も楽になりました。

(Bさん、40代、参加10ヶ月目)
昨年は少しずつプログラムで得た事柄を実践してきました。プログラムで学んだ時は納得しているのですが、家庭生活は様々なことが起こるため、実践していくことの難しさを痛感しました。これからタイムアウトも取らずに過ごせるには数年かかると思いますが、それでもあれほど短気で怒りがちな私が、この1年暴力も振るわずこられたことは、自分自身としても将来への自信となるものでした。妻は仕事をしたいとのことで、以前から希望していた国家資格の取得のための勉強をしております。また長男も勉学や部活等の学校生活にも自信をつけてきたようです。これら家族の行動一つをとっても皆表情が明るくなったと同時に、一人一人が自立した人間として、確かな成長を遂げつつあることは感涙の極みであります。本当に暴力は何の問題の解決にもならないばかりでなく、結局自分自身も含めて自由を奪い、破壊する行為であったことを痛感した1年でした。

(Cさん、30代、参加したばかり)
今日は他の参加者の話を聞き、それを自分に置き換えて考えることにより、自分だったらどうしていたか、そのどこがいけなかったのか、客観的に見つめ直すとてもよい機会になりました。次回も参加するのが楽しみです。

(Dさん、40代、参加1年)
最近は週に一度のペースで会っています。山口さんが二心異体と言ったことを彼女に話したら大喜びしていました。二人の人間が別の感情、考えを持って向き合っていることを僕はいつも確認しています。彼女の人生は彼女のものであると、呪文のように心の中で唱えています。会うようになって4ヶ月が経ちました。ずいぶん彼女の気持が安定してきた ことを感じています。それでも先日、彼女が大ブチキレしたのですが、それ彼女にとっては必要なことだったと思っています。これからもこういったことは あると覚悟もしています。自分の弱さや不安を彼女の存在で埋めようとしていたことに気がつきました。自分の欠如は自分で埋めるしかなく、彼女とは関係ありません。それがわかってから、僕自身もずいぶん安定してきました。別れてから1年が経とうとしています。去年の11月は地獄でした。1年経って、おだやかに会えていることが奇跡のようです。感謝しています。

(Eさん、30代、参加8ヶ月)
グループに初めて参加する時は、何をするところか分からなくて大変緊張しました。でも同じ問題を抱えた仲間に会って、話をすることで自分の問題が見えてきました。僕のパートナーはヒステリックに僕に攻撃するので、僕はいつも腹を立てていました。でもアウェアで学習して僕の暴力が彼女をそうさせていたことに気がつきました。ですから最近は彼女にすまないことをしたという気持は起こりますが腹は立たなくなりました。彼女に詫び、彼女を癒すことがこれからの課題です。

■ご連絡先
アウェア aware
TEL : 03-6272-8770
FAX : 03-6272-8771
E-mail : info@aware.cn

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

札幌初開催デートDV防止プログラム・ファシリテーター養成講座 2018年

アウェア 「デートDV防止プログラム・ファシリテーター養成講座」 札幌初開催! (協力:ピーチハウス)

防止教育をさらに広めるために、またこれから取り組みたいと思っている 方のためにアウェアの養成講座を札幌で開催します。(3日間X2回、計6日間)

*日 程:2018年(前期)8月18、19、20日
(後期)9月15、16、17日

*会 場:札幌市男女共同参画センター(予定)

*講 師:アウェア代表 山口のり子 事務局長 吉祥眞佐緒

*参加費:おひとり9万円 認定料:1万円(1回のみ)

*定 員:20名 (開催に必要な最少人数10名)

*申し込み先:アウェア (メールinfo@aware.cn FAX03-6272-8771)

*締切り:6月末日

*託児についての問い合わせ先 : ピーチハウス: npo_peachhouse@yahoo.co.jp

 DVとは親密な関係の相手に対してふるう、からだと心への暴力のことです。これはけっしておとなだけの問題ではありません。若者の間でも広くおきています。

 アウェアは2006年より、デートDV防止教育プログラムの実施者(ファシリテーター)の養成講座を開いています。講座(計6日間)では、デートDVとは何か、相手を尊重するとはどういうことなのか、子どもたちにどう伝えればいいのかなど、ファシリテーターとして必要な基本を学べます。また学校などですぐ使えるプログラム(例:90分をひとコマとした内容)とさまざまな教材とその使い方についても
学べます。

 講座修了後アウェアの認定を受けた方は、正式に「アウェア認定・デートDV防止プログラム・ファシリテーター」として各地でアウェアのプログラムを実施することができます。

 アウェアの養成講座の特徴は、実施者を目指す方の価値観(力と支配、暴力容認、ジェンダー・バイアス)の内観と気づきを促すことです。この点が好評で、毎年参加した方たちから「自分自身のジェンダーにはじめて気づいた」「自分も力と支配をしていた」「自分の中にも暴力容認意識があることに気づいた」などの感想が寄せられています。

 男女共同参画の関係者の方、学校などで直接若者に接している方、相談センターや支援機関などの担当者の方、医療・教育機関に勤務されている方、そしてデートDVに関心をおもちの方、ぜひご参加ください。

 

講座内容(一部)

◆デートDVとは何か ◆デートDVの事例・統計 ◆要因(ジェンダー、暴力容認、力と支配他) ◆ファシリテーターになるために必要な気づきと学び ◆デートDV被害者の支援 ◆加害者の考え方と行動 ◆ストーカーについて ◆被害者はなぜ離れられないのか ◆子どもたちを取り巻く危険な状況 ◆プログラムの内容と流れ アウェアうさぎ ◆教材の内容と種類と詳細 ◆実施にあたっての模擬講座など
参加申し込みは アウェアまで info@aware.cn ●件名 札幌養成講 座参加希望 ●本文必要事項 ・お名前 ・ふりがな・ 性 別・生年月日・郵 便番 号・ご住所・メー ルアド レス(携帯メル アドとP Cのメルア ド)・お電話 番号・ご 職業あるいは 所属団 体・参加動機 ●申込後、アウェア から 参加費支払い方 法な ど詳細の連絡 (メール) があります。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち

ひょっとしてDVでは?

アウェアの加害者プログラムに参加していた40代のある男性は「私は、妻をコントロールしたいどころではなく、『妻をコントロールしなければならない』と信じていました。コントロールしなければ、妻が失敗したり何かしでかしたりするにちがいないと心配だったんです。妻の失敗や恥は、夫である私の失敗や恥だと思っていました。 支配するのは相手のためだと心底思っていました。」

<DV加害者かもしれないあなたへのメッセージ>
あなたもそう思い込んで、相手を自分の思い通りに動かそうとしていませんか?

<DV被害者かもしれないあなたへのメッセージ>
あなたは、相手の言う通りにやらされているように感じてイヤなんだけれど、「おまえ(あなた)のためだ」と言われて、「そうなんだ。がまんしなくちゃ」と思うことがときどきありませんか?

「それってDVかも…」と疑ってみてください。そう思うことはなんにも恥ずかしいことではありません。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち