2006年11月29日 デートDV防止教育~アメリカ・日本で今

アメリカでは防止教育がすでに10年間以上行われています。日本でも防止教育の社会的な取り組みがやっと始まりました。アメリカと日本の現状と取り組みそして課題について3人の専門家が報告します。

日時:2006年11月29日(水)
    18:00~20:30
会場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
講師:
アグネス・チャンさん(エイジアン・タスクフォース)
中島幸子さん(レジリエンス代表)
山口のり子(アウェア代表)
テーマ:
デートDVとは何か なぜおこるか 
デートDVの特徴 防止教育の重要性 
アメリカの現状と進んだ取り組み 
日本の現状と課題など

講師の紹介
アグネス・チャンさん(エイジアン・タスクフォース)
アメリカの大学院で心理カウンセリング修士号を取得後、移民や難民のための職業・教育カウンセリングに携わったり、職業リハビリ・カウンセラーとして障害者支援をしたりする。コミュニティ・ワークサービス・インクではチーム・コーディネーターとして州の機関と地域の機関を結びつける仕事をする。現在ボストンでDVをなくすために活動する「エイジアン・タスクフォース」というNPOのアウトリーチとプログラム開発責任者。WAVE Teen Dating Violenceというカリキュラムを携えて高校などでデートDV防止教育に取り組んでいる。

中島幸子さん(レジリエンス代表)
DVコンサルタント・ソーシャルワーカー。DVの被害に遭った経験がきっかけとなり勉強を始め、1991年にアメリカにて法学博士号取得。2003年にソーシャルワーク修士号を取得。1997年からDVについての講演活動を始める。2003年、「レジリエンス」を結成。女性のためのレジリエンス講座を東京と横浜で毎月行っている。2004年から「女性の安全と健康のための支援教育センター」運営委員も務める。杏林大学非常勤講師。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち