2007年5月19日 アウェアDV防止教育講座

DVをしてしまった男性からのメッセージ
DVって何だろう
僕たちは気づかずやっていた。気づいた僕たちから、今も気づかずDVしている男性たちへ

日 時◇2007年5月19日(土)午後2時15分~4時45分
会 場◇文京シビックセンター26Fスカイホール
証言者◇アウェアDV加害者プログラム参加者たち
コーディネーター◇アウェア代表 山口のり子
参加費◇無料
お申し込み◇アウェアまで 先着90名

主催◇アウェア

証言者からのメッセージ
*アメリカで逮捕されたDV加害者Aさん
僕はおととし、カルフォルニアのディズニーランドへ家族で旅行しました。そこで些細なことで妻と言い争いになり、僕は妻の腿を蹴り上げました。その時思いがけないことが起こりました。警察官やディズニーランドの職員に取り囲まれ、後ろ手で手錠をかけられ、留置所に入れられたのです。そして裁判・判決の結果、たくさんの罰金と社会奉仕活動、加害者プログラムへの参加などいろいろな命令が裁判所から・・。僕は日本では当たり前のように妻にふるっていた暴力行為が犯罪と気づき。アウェアの加害者プログラムに真剣に通っています。
*Bさん
「あなたのしていることはDVです」ってアウェアで宣言してもらったことで、僕は初めて気づきました。社会がDVをしている人にそう宣言することが必要です。DVは僕の一生の問題だと思っています。
*Cさん
僕は妻に20年もDVをしていました。まちがったことをしていることにちっとも気づけませんでした。職場などまわりの人たちも同じ価値観を持っていたからです。DVした人は自分がしたことを全部認め、謝罪して償わなければなりません。
*Dさん
DVは犯罪です。してしまった僕は犯罪者です。それを一生忘れないようにしなければならないと思っています。DVは人権侵害で相手を苦しめること、する人も大切なものを失って苦しむことに早く気づかなければなりません。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

*加害者プログラムの男性たちが話すことをたくさん紹介している本

愛を言い訳にする人たち