これまでの活動

アウェアのこれまでの活動

◆2003年、2005年にカリフォルニアからDV加害者プログラムの草分け的存在であり、全米及びカルフォルニア州のファシリテーターたちの協議会会長のアリス・ラビオレットさんとリトル東京サービスセンターの坂本安子さんをお呼びし、加害者プログラム研修会を開催しました。

◆2008年からはアウェア代表の山口のり子による、DV加害者プログラム研修Ⅰ~Ⅲを実施し、加害者プログラムを各地で実施する人の養成に取り組んでいます。

◆プログラムの参加男性たちが、自分のDV体験とアウェアで気づいたこと・学んだことを話す、一般公開講座を2007年から2010年まで毎年開催しました。

◆2011年以降は一般公開講座「DV防止講座」を年1回ほどのペースで開催し、DV加害者プログラムや
DV被害女性プログラムを紹介しています。

◆デートDV防止教育分野では2006年度から、デートDV防止プログラムのファシリテーター(実施者))の養成講座を開催しています。2006年度は東京と名古屋、2007年度は東京と神戸、2008年度は東京と高知、2009年度は東京と大阪で実施しました。
養成講座で学びアウェアの認定ファシリテーターとなった人が現在200人以上いて、全国各地でアウェアデートDV防止プログラムを実施しています。

◆2006年にはデートDV教材ビデオ「デートDV~相手を尊重する関係をつくる~」を作りました。

◆主に行政からの委託で、デートDV防止啓発パンフレットを制作しています。
これまでに大分県、神奈川県、千葉市、長岡市、宮城県、堺市などのパンフを作りました。

◆2006年にはカルファルニア州への研修旅行を実施しました。

◆2008年はカリフォルニア州DV被害者支援団体協議会の創設者であり元会長、30年のデートDVの臨床経験を持つバリー・レビイさんを、2010年には非暴力の子育て・教育方法を広める活動をしている「エコーセンター」のルース・ビーグルホールさんをお呼びして、講座を開催しました。

アウェアはこれらの活動を通じてDVのない社会作りに貢献しています。