【ビデオ・DVD】デートDV防止教育教材 『デートDV 〜相手を尊重する関係をつくる〜』

発売中

アウェアが2003年に「デートDV」という言葉をつかってデートDVの本を出版し、防止教育プログラムを高校などで実施し始めてから「デートDV」という言葉は全国的にだいぶ知られるようになりました。そしてデートDVが広く若者たちの間におきているという実態も次第に明らかになり、防止教育に関心をもつ人々が増えてきました。そこでアウェアはそのような皆様のために、デートDV防止教育用教材ビデオ/DVDを制作しました。

タイトル: デートDV 〜相手を尊重する関係をつくる〜
仕様: VHSビデオ・DVD 30分
価格: 27,000円 (税込み・送料別)
内容: (1)「デートDVとは?」親密な間柄の相手への暴力
    (2)デートDV再現ドラマ 高校生のあるカップルにおきていること
    (3)暴力の種類 からだへの暴力だけでなく心への暴力も暴力
    (4)DVは力と支配 相手を思い通りに動かすことが目的
    (5)デートDVをおこす要因
       要因1 力と支配
       要因2 ジェンダー・バイアス
       要因3 暴力容認
    (6)学び落とす
       学んでしまったまちがったことに気づく
       再現ドラマの高校生ふたりの気づき
    (7)学ぶ
       ふたりの高校生が、相手を尊重するとは
       どういうことなのかなどをふたりの大学生との会話から学ぶ

ビデオをお使いになる皆様へのお願い
このビデオ・DVDはデートDVの未然防止教育のためのものです。まだデートを経験していない子どもたちや、デート相手はいるけれど特にデートDVらしいことはおきていない若者たちも対象に含めてつくりました。子どもたちや若者たちが普通だと思っていることが、実はデートDVにつながる危険性のあることなど、自分自身の潜在的な意識や価値観に目を向けるきかっけを提供するようにつくりました。
デートDVはコミュニケーションの力が不足していておきることではありません。まちがった考え方や価値観に問題の根があります。ですから上映するだけでなく、それらの問題にじっくり取り組むことが必要です。上映をきっかけにして、力と支配、暴力容認、ジェンダー・バイアス、相手を尊重すること、などを子どもたちが話し合ったり考えたりする機会をつくってください。

しかし実はこれらのテーマに取り組むのは簡単なことではありません。専門的な知識や技術が必要です。実施者が自分自身のジェンダー・バイアスなどを学び落としておくことが必要です。アウェアではご要望に応じて、学校や大学などで、デートDV防止プログラムの出張授業を実施しています。またアウェアによるデートDV防止プログラム・ファシリテーター(実施者)養成講座(40時間)を受講して、アウェアの認定を受けた方たちが全国にいます。そういう方たちの力を借りてぜひ実施してください。
どこに誰がいるかはアウェアのホームページhttp://aware.exblog.jp/i14でもご覧いただけますし、アウェアにお問い合わせいただければご紹介します。

      
お問い合わせ先:メール : info@aware.cn
TEL : 03-3292-5508 FAX : 03-3292-7550

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA