自分はこんなにがんばっているのに「ぜんぜん変わっていない!」と言われるとムカつく:ある日の振り返り⑲

職場の同僚にうちのことを話しました。女性が多いので、パートナーの気持ちがわかると言われ、
自分のこと事を棚に上げてパートナーを責めたことがよくないと言われました。
頭では理解することができるんですが、納得はいかないです。
自分はこんなにがんばっているのに「ぜんぜん変わっていない!」と言われると
ムカついてしまいます。自分でも承認欲求が強いことはわかっています。

F(ファシリテーター):
そこでグループの仲間たちからは、
・変わったとはだれが決めるのか?
・他の人と比べても仕方がないのでは?
・パートナーが変わったと言わないのであれば意味のないことだ
・なぜ、そんなに承認欲求が強いのか考えてみたらどうか
などと言われたのですが
彼は自分だけが家事育児を負担させられている感が強いようで、やるように言われたときイラっとしたことを「自分は変わったのに、たった1回イラっとしただけですべてがダメのように言われるのは納得いかない」と、仲間からの意見も納得できないようすでした。

*DV加害者プログラム参加についての詳細を知りたい方、その他のお問い合わせはアウェアまでメールください。

mail : info@aware.cn

「愛を言い訳にする人たち」(出版社: 梨の木舎)

著者が15年間DV加害者プログラムを実施してきた体験を通じ、 加害者はなぜDVするのか?加害者は変わるのか? 変わる場合はどのような道筋を通って変わるのか? 変わらない場合はなぜか? など、皆さんの疑問にお答えする本です。